Male job offer

時代に適応するために風俗男子求人に応募

52歳男子会社員です。男子に対しての求人ですが以前とはかなり異なった状況になってきているようです。日本国内の産業は1960年代に第一次産業と第二次産業で日本国内全体の約60%程を占めておりました。やはり農業や漁業林業と言った第一次産業や、自動車や家電品等の生産ものづくりの第二次産業はやはり男子主体の職場であった様に感じます。
当時の日本の発展を牽引してきたこれらの産業が現在では30%を下回り、現代では様々な産業や仕事があり、産業事業の複雑化が進んできていると考えます。ただこの流れは今後益々進んで行くと考えるべきです。特に第二次産業等は海外の安い労働力の活用に転換してきており、製造業界での国内産業の空洞化になっております。又、産業の複雑化に伴い女性の活躍の場が増えてきており、特に「共働き世帯」は1990年代の後半から増加し続けております。
働く女性が増えてきていると言う事は、国内全体の仕事の規模が減っていく中で女性の登用が多くなってくる事から、男子にとっての求人は徐々に厳しい時代になっていくのではないかと考えますが、女性には出来ない仕事もまだまだたくさんあると思います。時代の流れに置いて行かれない様な自己啓発等に積極的に取り組んで行く事が求められます。最近、若い人の間では風俗求人に応募する人もいるようです。昔は少数派でしたが、今後は生き残るために幅広い視野を持つことが必要とされているようです。

ピックアップ

TOP